中学受験の将来と英語

中学受験の必須科目に英語が組み込まれるかも知れない、これは一つの説でしかありませんが、可能性はゼロではありません。一部では、中学受験で進学した子供は、中学校での英語成績が伸び悩む傾向にあると言われています。もちろん全ての子供がそうであるわけではなく、またその原因がどこにあるのかは特定できません。しかしながら、中学受験に向けて行う学習科目の中に英語は含まれませんので、学習の仕方が分からず戸惑うのかもしれません。実は、英語教育はスタートするのは早ければ早いほど効果的だと言われています。中学に入ってからでは遅いと指摘する声も聴かれます。

近年、小学生に英語教育を行う塾も増え、個別指導塾で英語力がめきめきと上がっている子供も増えています。今後中学受験に英語が必須科目として採用されることになれば、小学校で英語を学ぶ事が必須となってきます。現在、一般の学校教育で英語の授業はありませんが、その分を塾が補うことになる可能性も否めません。将来的に、今の学校システムが変わらない限り、塾に依存する割合が益々増える事は間違いないのです。しかしながら、これからの国際社会で英語力があると無いとでは、就職に大きく影響を及ぼす事は間違いありません。小学生から、さらにはもっと早い時期から英語学習をする時代がもうすぐそこまで来ているのです。