中学受験によるストレス

受験とそれに向けた勉強というのは、年齢性別を問わず少なからずストレスがあるものです。ストレスというのはゼロにすれば良いというものではありません。いくばくかのストレスは人生において必要なエッセンスであり、成長のためには無くてはならないものでもあるのです。しかしながら、個人個人受け入れられるストレスの大きさは異なります。同じ成績、同い年、同じ様な環境で育った子供であっても、ストレスを感じるキャパシティは人それぞれです。最も保護者がしてはいけないことは、他の子と比べる事です。あの子はできるのだからあなたにもできるはず、というのは子供にとって自分を否定されている感覚に陥り、学業とは異なるストレスとなるのです。

いたずらに子供を追い詰める事で知らず知らずに心を蝕んでしまうことだけは避けたいところです。逃げ道は誰にでも必要です。子供にも逃げ込める場や時間を提供する事で、また前線に戻る気力も湧いてくるのです。ストレスを緩和するためのノウハウを持つ個別指導塾や家庭教師という選択肢もありますが、集団塾で同じ様なストレスを抱える子供同士で思いを打ち明け合うことで悩みが共有でき、自然とストレスを軽減する事ができる利点もあります。