ADHDの個別指導塾

注意欠陥障害、あるいは多動性障害をADHDと言います。注意力が著しく欠け、意味の無い挙動を繰り返す傾向にあるため、通常の学校では周囲の子供たちからは不注意な人と思われがちです。集団生活が難しく、学習能力にも支障を来す場合があるため、中学進学をどうすべきか悩ましいところです。しかしながら、ただの不注意だと悩んでいた同障害の方も、そういう障害であることを認知する事で気持ちが楽になり、障害と向き合い乗り越える努力をし、自立して生きていけるのです。

忘れ物が頻繁で、宿題を忘れるなどは日常茶飯事です。集中力が持続せず、一つの事が始めるのも難しければ、終わらせる事も難しいのです。実は、学校ではその様な子供に対して無理解な場合があるのですが、塾の講師によって障害を指摘され、検査の結果ADHDであることが分かったというケースもあるのです。塾へ通うことは、学校では行き届かない様々な子供の状態を知る、一つのフィルターの役割を果たしているとも考えられます。塾の中には、発達障害を専門に扱うところもありますので、一般の集団塾を辞めてそちらへ移ることが望まれます。知的障害ではないので中学進学は可能ですが、そのためのサポートは欠かせません。周囲に対応可能な塾がない場合は、専門の家庭教師を付ける事で対応が可能です。