発達障害の中学受験

障害者の中には、発達障害というものがあります。自閉症や知的障害と混同されがちですが、脳機能の発達が一般と異なる状態を言います。障害と言うよりも、それもマイノリティではありますが、一つの個性として受け入れる社会になることが望まれますが、まだ確立していないのが現状です。そうした中、発達障害について理解してもらおうという試みが各所で行われています。政府広告機構や厚労省のHP、文科省のHPなどでもその定義や特別支援教育について記載されています。

発達障害には様々なパターンがあり、一概にどのような状態であると定義する事はできません。例えば学習能力に問題はなくても、話す、聞く、書くなどのコミュニケーション能力が未発達のため、周囲から変わり者と思われてしまう可能性があります。できれば早い段階でカミングアウトして、学校全体で理解してもらえる状況を作る様協力してもらうことが肝要です。自閉症に極めて近い症状で、性格ではなく脳の障害であることを理解してもらうのです。知的障害ではないので、自分の状態を理解し、それを受け容れて生きていく事を覚える必要があります。こうしたケースでも、受け入れている中学校はありますので、事前にヒアリングをする事が肝要です。