集団型塾との併用

個別指導塾に通いながらも、集団型の塾にも通っているケースは少なくありません。理由の一つに、個別指導の場合、他の生徒との競争心が芽生えないため伸び悩む可能性があるからです。同等のレベルの学童が集まる教室であれば、負けたくないという意識が働き、自然と実力アップに繋がることは確かです。負けず嫌いな性格の子供には、個別指導よりもむしろ集団型の方が合っていると言えるのです。

保護者にとって、わが子に競争心や闘争心がどれほどあるのか図る意味でも、集団型の塾に通うことは意味があります。社会に出れば否が応でも競争の渦に巻き込まれてしまいます。価値のある人材であり続けるためには、常に自身をバージョンアップし続けなければならないのです。子供の内から競争社会に適応できる様訓練することに対しては賛否両論があります。将来の為といいつつも、子どもの未来を良い企業に就職する事と決めつけ、進むべき道を無理強いする事は芳しくありません。

しかしながら、子どもが将来目標を持った時に、それがあまりにも遠いゴールとならない様手助けする意味で、この時期の教育はとても重要と言えるでしょう。競争心は、学校という現場で十分に育ちますが、小学生は心の成長も個人差が大きすぎることを考慮しなければなりません。同じクラスでも、1年近い差があれば、あらゆる点で能力の差となって表れます。既についてしまった差に子供自身が諦めてしまう可能性もあるのです。集団型の塾は、そうした子供に学校とは違う世界を提供する事ができるのです。