中学受験と準備期間

中学受験を考えている保護者の方が最も知りたいのが、いつから準備を始めれば良いのかと言うことです。結論から言いますと、小学4年生から始めるご家庭が最も多く、早ければ小3から、遅ければ小学6年の1年間だけなど、家庭によってマチマチです。子供の実力によっても準備期間は異なってきます。あまり早くから始めるよりは、集中的に学習する方が良いとする向きと、学ぶことに慣れるためにも、早めに始めた方が良いとする向きがあります。

いずれにしろ、小学生にとって過剰なストレスとならない程度にスケジュールを組む事が重要です。あまり重荷になるようでは、いかなる学習方法も功を奏しません。この時期の学童にとって、勉強以外の遊びやスポーツが心の成長に大きく影響しますので、現状の成績を見ながら塾や家庭教師に相談することをお勧めします。

避けたいのは、成績に対してあまりにもレベルの高い学校を目標設定にし、無理に勉強させることです。最も大切なのは本人のやる気と、学習を継続することが可能な精神的時間的余裕です。中学受験には間に合わないと思われるレベルでも、この先大学受験までまだ6年あると考えることが肝要です。子供にとって手が届く範囲内に目標設定をし、無理のないスケジュールで余裕をもって指導を受ける事が望まれます。