中学受験問題の傾向

同じだけ学習に時間をかけていても、不思議なことに実力差というのはできてしまうものです。それは人によって吸収のペースが異なるからであり、よほどの天才でもない限り、頭脳そのものに大きな差などはないのです。とはいえ、実力に見合った中学を受験する事は大前提です。ぎりぎりで合格するのか、余裕で合格するのかでも傾向と対策は大きく異なります。実力よりもやや高めの水準の学校を受験する場合、不合格の可能性を考慮して、レベルを落として受験するのは中学受験に限ったことではありません。基本的には過去問を解くことで傾向は見えてきます。あとは本人の実力がどのレベルなのかを見極めて、随所に予防線を張りめぐらせることを怠らなければ、最悪のケースでも最低限の希望はかなうのです。

しかしながら、中学受験の問題は、それほど奇をてらったものではなく、普段の学習をある程度まじめに受けていればできる程度のものが多いのです。しかしながら、名門中学の中には特有の出題の傾向がありますので、ターゲットとなる中学の傾向をつかみつつ、全体的で平均的な問題の傾向を知っておくことが肝要です。しかしながら、毎年同じではなく、今年から傾向をガラリと変えてくる可能性もあるため、いかに準備をしても万全とは言えないのです。基礎を固め、考える力を養うことこそが、問題の傾向に左右されない本物の実力となり、受験に打ち勝つことができるのです。