個別指導塾利用者の声

個別指導塾を選んだ当初の目的は、中高一貫校へ進学するためであったとしても、学ぶことを習慣づけるきっかけになったという声が多数聞かれます。膨大な量の字用法を消化するためには、ただやみくもに暗記すれば良いというものではありません。考える力は理論と分析の力を養い、考える事を楽しいと思える様になれば怖いものはありません。学習塾は生徒一人ひとりが自発的に学ぶ力を引き出す導火線に火をつけるだけなのです。

勉強というのは習慣にすることで自ずと自分のやり方を見つける事ができるようになるのです。いかに優秀な講師であっても、生徒にあった勉強方法を構築する事が出来ません。自分で見つける手助けをするのが教師の役割なのです。学ぶ事を楽しいと思える様になれば、成績は加速度的に上がり、テストの点も良くなっていきます。それが更に学ぶ楽しさを倍増させる相乗効果があり、放っておいても目の前に知識を与えれば良いだけになるのです。多くの保護者が自分のやり方やペースを見つけたことを喜んでいます。家庭教師を選択した場合も同様で、学校の授業について行けず、落ちこぼれになりかけていた子供でも、考え方のコツの様なものを伝授されることで、格段に吸収力がアップするのです。