個別指導塾を選ぶ理由

集団生活に満足する人間はあまりいませんが、学校も例外ではありません。内閣府が学校の教育システムに関してアンケート調査を行っていますが、保護者に対してアンケート調査をしても、肝心の生徒の本心は量れません。学校制度にに関しては、こういうものだとして受け入れてはいるものの、それは満足とは程遠く一種の諦めと言えるのです。子供側から親に対して、事細かに学校制度に対する改善希望など日常的に話すことはないため、親も子供の本心など知りようもありません。その状況で保護者アンケートなど、あまり意味があるとは言えないでしょう。

親は自身の過去の経験から子供の現状を推測し、どうするのがベストかを考えますが、結果的に子供が本来望む事との間にずれがあるのは仕方のないことかもしれません。親が直接子供に教育を施す能力と時間があれば問題はないのかもしれませんが、実際は現実的ではありません。専門家による漏れの無い教育が望まれます。結果的に集団塾か個別指導塾かを選択する必要がありますが、いずれにしろ求められる場は正規の学校ではないという皮肉な現実があります。中高一貫校への進学が今より更にスタンダードとなっていった場合、中学受験対策は更に進化し、個別指導塾の需要がより高まることは間違いありません。