個別指導塾と人間関係

子どもは大人に比べてダイレクトに感情表現をするため、クラスメイトとの人間関係は常に不安定です。誰とでもうまくやれる子であっても、時には喧嘩をしたり孤立したり、陰口を言ったり言われたりします。他人の自分に対する態度というフィルターを通して、自分は人からどう見られているかを推測し、自分を客観的に見るようになるためには必要なプロセスでもあります。しかしながら、最近では我慢が臨界点を超えると暴力に走るケースも増え、最悪の場合クラスメイトの命を奪うこともあります。残念ですが、子供は学校にいても危険に晒されていると言っても過言ではないのです。

少ないケースではありますが過酷ないじめがある状況下で、義務教育だからという理由だけで、身も心もボロボロになりかねない現場に向かわせて良いものでしょうか。不登校になってしまったなら、必ずその理由があるのです。子供にも逃げ込める場所はあっても良いのです。そのために不登校生徒の為の家庭教師が存在します。クラスメイトとの関係に悩む生徒が不登校に陥っても、学習を継続できる様配慮する必要があります。

苛める側にもなんらかの心の歪があると言えますが、今の学校は何かが子供たちを追い詰めている閉鎖的な空間であり、不登校生徒は増える一方です。メンタルケアができる講師の需要も増え続けているのが現状です。個別指導塾の場合、複数の生徒が同じ教室にしても、基本的には個別指導であるため、人間関係に悩む事がないというメリットはあります。