個別指導塾講師の相性

先生と言えど、誰に対しても人格者と言うわけにはいきません。努力をしても、先生にとって苦手な生徒はいるものです。同時に生徒にとってもどうしても受け入れられない教師がいても不思議ではありません。年齢や性別に関わらず、合わない相手というのはいるものです。しかしながら、職業によっては役割性格というものがあります。例えばキャビンアテンダントの場合、クレーマーの様な乗客に対しても上手く対処できる様訓練されていますが、警察、医師、教師、弁護士など、職業によってその役割がプロ意識と相まって人格形成に影響するのです。

塾の講師の場合教師と異なり、子どもの生活指導などは行いません。そのため基本的には子供にとって教師よりも身近な大人であり、親よりもいろいろと相談しやすい立場となります。相性の良い講師と出会えた場合、子どもにとっては授業以外にもプラスとなりますが、逆もまた然りです。身近な社会人として生徒に対する事で、授業以上の学びの場を提供する事も可能なのです。子供にとっては学校以外の居場所を作ることで、学ぶ力が向上するだけでなく、心の安定にもつながるのです。塾や家庭教師は学ぶ側は自由に変更することも可能です。相性の良い講師との出会いのチャンスを作る事ができる利点があるのです。