中学受験と偏差値

中学受験に際して、事前に調査が必要です。まず、昨年度の偏差値の比較表などをチェックします。ネット検索でも簡単に男女別の予想偏差値の一覧を見つける事ができるので、目標を設定しやすくなっています。風潮としては、私立の中高一貫校を勧めるものですが、どの様な選択肢にも対応した準備マニュアルも容易に見つける事が可能です。小学校5年生から準備を始めるのが一般的な流れとなっています。

小学生低学年から、既にクラスや学年で成績に差というのはできてしまいます。絶対評価とは言え、差は歴然としています。成績というのはある日突然上がるというものではなく、それなりのプロセスを経なければ成績を上げる事はできないものです。もし、成績が思わしくないものの中学受験を希望するならば、成功に導くためには早めにスタートする必要があるのです。差が大きくなる程に、子どものやる気も低下していってしまいます。個別指導塾や家庭教師を付ける事で差は確実に縮まり、偏差値を上げる事ができるのです。しかしながら、偏差値というのはこれまでのテストの成績などで判断するもので、本人の知識として定着しているかどうかは別問題なのです。したがって偏差値にあまり振り回される必要はありません。