子供の意志

中学受験をするということは、小学生に受験勉強をさせるということです。大学受験よりも学ぶべき情報の量こそ少ないのですが、経験値が圧倒的に低い10歳の子供にとっては高いハードルなのです。友達は学校帰りに運動したり遊んだりしているのに、それに参加できない事は子供の心に傷をつけることにもなりかねません。そもそも何のために中学受験をさせるのか、根本的に考える必要があるでしょう。

まず、中学受験をして中高一貫校や併設の学校へ進む事のメリットやデメリット、今のまま地元の中学に通うことのメリットとデメリットについて説明をし、子ども自身に選ばせる事が最優先です。まだ小学生だからという理由で、親が勝手に子供の進路を決めてしまっては、子ども自身が不参加の人生のスタートを切ってしまうことになるのです。公立中学に進み、高校受験を経験する事は決して悪い事ではありません。

高校受験を無駄と決めつけず、あらゆるケースを提示し、子どもに良く考える時間を与えることは重要です。個別指導塾へ通わせたり、家庭教師を付けるのも、タイミングと本人の意思確認が必要です。親に無理強いされたという思いがあると、自分で自分の人生を切り開くための自立心が育つのが遅れてしまいます。親は、子どもに考えるきっかけを与え、サポートするという立場を取ることが子供の成長に繋がるのです。