個別指導塾で中学受験

近年、受験の低年齢化が顕著ですが、中学受験どころか小学校からの受験も珍しくありません。しかしながら、私立中学への進学は都市部が主で、地方では依然公立中学への進学が一般的です。中学受験については、地域によって温度差が大きく異なるのが現状です。都市部の公立高校の学力低下と校風の乱れにより、進学に難色を示す保護者が多く、地域の公立中学に進学して問題の多い公立高校に進学するよりも、私立中学および中高一貫校へ進学し大学受験を有利にする方が学ぶ環境として良好と判断するケースが急増しているのです。

時代と共に移り変わり教育の在り方について

親の世代は度重なる受験で疲弊してしまい、ストレスから精神面に与える影響が大きい事を経験上知っています。わが子に同様の苦労をさせたくないと考えるは至極当然のことで、大学受験までのストレスをできる限り軽減する方向にあります。学ぶ環境の大切さも考慮する時代へと変わってきているのです。次のステップをより確実にストレスフリーにするために、偏差値アップの中学受験はとても重要なカギとなります。そのため、小学校5年生頃から本格的に中学受験を見据え、個別指導塾で学ぶ生徒が急増しているのです。

当サイトでは、中学受験の対策としての個別指導塾についてご紹介し、時代と共に移り変わり教育の在り方についてもご一考頂ければ幸いです。